和装だって気を抜けない!

和風の結婚式でも美肌が大事

結婚式まであと三か月という時期になったら、そろそろブライダルエステを契約することも検討しなくてはいけません。普通のエステサロンにもブライダルコースはありますが、ブライダルエステを専門にしているサロンの方が、細かいニーズに対応したコースが用意されています。そのようなお店なら、白無垢や色打掛などのような和装を着用する予定の人専用のコースがあることが多いので、自分たちの予定している結婚式に最適なお手入れをすることが可能です。背中やデコルテの肌が見えるデザインが目立つウエディングドレスと異なり、肌の露出が少ない和装ですが、フェイシャルケアをエステで入念に行うことで化粧のノリが良くなりますし、ニキビなどの予防もできます。

うなじのケアを徹底的に

肌の露出も少なく、自分のボディラインを上手に隠すことができる和装ですが、どうしてもうなじを出すことになってしまいます。結婚式当日は花嫁が参列したゲストの視線を大いに集めることになりますが、そんな時に未処理のうなじを見られては恥ずかしい思いをすることになるでしょう。うなじ程度なら、自分でカミソリなどを使って処理してもいいのではと考えがちです。しかし、自分で鏡などを見ながらうなじを処理するのは難しいことですし、肌を傷つけてしまう恐れもあります。ブライダルエステでレザーシェービングを受けた方が、うなじを美しく整えることもできる上に、肌の古い角質も安全に削り取ることができるので、くすみの解消にも役立ち一石二鳥です。

ブライダルエステを横浜で予約する際にはまずはインターネットで口コミ情報をチェックしてください。その中で特にオススメは「また行きたい」というコメントがあるところです。

© Copyright Bridal Skin Beautification. All Rights Reserved.